【アヒル商会】SPL ロワーアーム

DSC_0709.JPG
HONDA JF1 JH1 JG1 

 

KIMG0472.jpg
SUZUKI MH23S系 

 

L175S_0001.jpg
DAIHATSU L175系 

 

アヒル商会 加工ロワーアーム 改造車検対応

超低車高にしたりキャンバーボルトなどで無理にキャンバー角を付けるとフロントのドライブシャフトがカップにドン突き(ジョイントの許容角度を超える為)し、走行中やコーナリング時に異音(カリカリ音)と不快な振動が発生します。
超低車高にするとロワーアーム後ろ側のゴムブッシュが動作許容角度を超えてしまい、アームのスムーズな動作を妨げ、ひび割れなどの劣化を早めます。

アヒル商会加工ロワーアームはドライブシャフトやアームブッシュのトラブルを回避し、スムーズに動く足廻りにする為のパーツです。
乗り心地や操縦安定性の悪化を招くバネ下重量の増加を抑える為、必要最低限の補強で軽量に制作しています。
溶接止めのスペシャルアッパープレートと車高調を組み合わせるとフロント7J幅のホイールも装着可能になります。
※特殊な仕様の車高調を除きます。

たまにお問い合わせいただくスタビライザー(アンチロールバー)取り付けブラケットの増設等はやっていません。
その理由を以下に説明します。

スタビライザーリンクが純正位置に取り付け出来なくなるまで車高を下げると、最低地上高は5cmを切ってきます。

例 . N-BOXの最低地上高150mm 車検対応車高調で一番下げると最低地上高は約60mm 
   その程度ならスタビライザーリンクは純正位置が最も効果が高く、加工も必要無し

純正のスタビライザーリンクはストラットに直付けされている為、サスペンションストローク量=スタビライザーのストローク量になります。
スタビライザーリンクの取り付け位置をアームの中間に移動するとスタビライザーのストローク量は半分になります。
そうすると、車体が着地するまでサスペンションがストロークしたとしてもスタビライザーのストローク量は30㎜程度しかありません。
純正スタビライザーを手でひねってみると分かりますが、30mm程度なら簡単にねじれます。
アンチロールバーとしての効果が出てくるのはその先ですから、最低地上高が5cmを切る状態ではアンチロールの効果が出る前に車が着地してしまうことになります。

どうしても中間位置に付けるなら純正比で倍のレートを持つスタビライザーに変更する必要が有り、地上高5cm程度でアンチロールの効果を出すならばさらに高いレートが必要になります。
車体メーカーが純正でアームの中間にリンクを付けない、ストラットに直接つける理由は上記にあります。
簡単に固いスタビライザーを作るには材料の直径を太くすればいいのですが、そうするとスタビライザー自体が重たくなります。
重たくなる(自重が増える、バネ下重量が増える)と動作が鈍くなり、乗り心地の悪化や燃費の悪化、車体価格も上がってしまいます。


バネ下重量(ストラット、スプリング、ロワーアームやホイールの重量)が増えるとサスペンション全体が暴れる為、乗り心地や操縦性、タイヤの摩耗特性が悪化します。
重くなったサスペンションが暴れないように、動きを制御する為にはスプリングレートやダンパーの減衰力を上げる必要が出てきますが、減衰力を上げるとさらに乗り心地が悪化します。
純正スタビライザーの効果をほぼ無くしてしまう為のブラケット増設でバネ下重量を増やすのは意味が無いどころかクルマに悪影響を及ぼします。



アヒル商会の加工ロワーアームは車検にも対応しています。

加工ロワーアームは強度試験に合格していますので、改造車検用の書類が発行できます。

対応車種 上方向オフセット トレッド キャスター角補正 価格(消費税込み)
DAIHATSU・L150系  0mm・+40mm  0mm・+6mm
・+12mm・+18mm
 0mm・-3mm
・-6mm・-9mm
 ¥55,000.-
DAIHATSU・L175~LA150系  0mm・+40mm  0mm・+6mm
・+12mm・+18mm
 0mm・-3mm
・-6mm・-9mm
 ¥55,000.- 
SUZUKI・MH21系  0mm・+40mm  0mm・+6mm
・+12mm・+18mm
 0mm・-3mm
・-6mm・-9mm
 ¥55,000.-
SUZUKI・MH23~34系  0mm・+40mm  0mm・+6mm
・+12mm・+18mm
 0mm・-3mm
・-6mm・-9mm
 ¥55,000.-
ホンダ JF1 JH1 JG1  0mm・+40mm  0mm・+6mm
・+12mm・+18mm
 0mm・-3mm
・-6mm・-9mm
 ¥41,800.-

 

表示の価格はブラック半艶(サテン仕上げ)仕上げです。 
特注色仕上げも対応可能です。(塗装料金が掛かります。)

商品のお問い合わせ、ご購入はこちらからお問い合わせください。