記事一覧

バックカメラとモニター取り付け!

バックカメラとモニター取り付け! 

取付け例)10t車

ファイル 317-1.jpg
車は重機などを運ぶ10t車、こんな大きなトラックではバックで道に出る時など、

場所によっては後方左右などまったく見えません。

( 'o')b バックカメラをつける事に。


しかしトラックやバス専用のカメラやモニターはすごく高額で、デザインもカッコいいとは言えませんね。((-_-。)

トラックの電圧は24V、軽カーや普通車は12V。

そこで、DC-DCコンバーター(デコデコ)という24Vを12Vにする変換装置を付けて、

一般的なナビやモニター、オーディオ等がそのまま使用できる様にしました。( 'o')b


ファイル 317-2.jpg
選んだのは、ALPINEの10.1インチモニター。 スタイリッシュで映像もきれいです。(*゚ー゚)v

このモニターを純正ルームミラーの位置に取り付けるため、モニターのブラッケットをワンオフ製作しました。

ファイル 317-3.jpg
違和感なくスッキリと収まっているでしょ。(*゚ー゚)v


問題はバックカメラの取付け位置。

1台で3方向を映すカメラもありますが、この車両幅では左右を映しきれません。

今回は3台のカメラを荷台の側面を加工し埋め込み取付けしました。

ファイル 317-4.jpg ファイル 317-5.jpg

真後と左右側面にレンズサイズの穴あけ加工をし、奥に埋め込んだカメラが映像を映します。

ファイル 317-6.jpg
カメラの配線は延長加工し純正ラインにそって車内に引きこみます。

KENWOOD製 マルチビューカメラは広角で映りもなかなかのものです。(b*^0)d

この3台のカメラの映像を、データシステムのマルチカメラスプリッタを使って1つの画像に組み合わせモニターで映しだします。

ファイル 317-7.jpg
よく映ってますね、もちろん天地左右の調整もバッチリです。

これで安全運転が出来ます。

次はオーディオですね♪


お問い合わせはこちらから。


オーディオ取付け例