記事一覧

アクスル選びの参考データ LA100S

ファイル 510-1.jpgファイル 510-2.jpgファイル 510-3.jpg

LA100S ダイハツ ムーヴ

Front
調整式ピロアッパーマウント
LEON 低王車高調 ※ロワ―ケースの一部を削る加工有り
アヒル商会ロワーアーム 6WIDE 40UP 5BACK
WORK エモーション2P 16×7J +38
NANKANG NS-20 165/40R16
フェンダー無加工 キャンバー角 約-5° ステアリング全切り可能

Rear
アヒル商会独立アクスル(最新スペック)Dタイプ
アヒル商会リアスプリング8k
ファイナルコネクションダンパー
WORK エモーション2P 16×7J +28
NANKANG NS-20 165/40R16
フェンダーツメ無し加工 キャンバー角 約-5° 給油パイプのホイール接触部分を凹加工
※アクスル側キャンバー調整部分は0°設定 バンプ止めなど乗り心地を犠牲にするようなセットはしていません。

上記の車両はイベントなどで着地レベルまで下げる可能性があった為、タイヤがインナーフェンダーに乗り上げないよう10mm違い(3mm奥に入れている)にしていますが、
通常はホイールのオフセット量をフロントに対してリアを13mmマイナスにします。
そうすれば難しい調整無しに前後で同じ位(リアの方が若干多め)のキャンバー角度でホイールの出面も同じぐらいに出来ます。
リアフェンダーのツメが無加工の場合はフロントに対して若干リアのキャンバーを多めに寝かせる必要があります。

上記のデータはリジッドアクスルの車両では不可能なセットです。
リジッドアクスル車両ではホイールリム保護の為、キャンバー角を大きくマイナス方向に振るか、ホイールをプラス方向にオフセット(アウターリムを浅くする)させる必要があります。
バンプ止めなどは乗り心地や操縦安定性、ブレーキの利きなどが大きく悪化しますし、何よりも車体に大きな損傷を与えるのでお勧めしません。

YOUTUBEにリアホイールの動きをアップしています。
https://www.youtube.com/watch?v=uCnq2hfAEFw