記事一覧

【問い合わせ内容】サブフレームのひび割れについて

【問い合わせ内容】
業者様より
「当社で取り付けしたお客様の車のサブフレームが折れており大問題です。至急連絡を下さい」
とFAXで連絡がありました。
電話で状況をお尋ねしたところ、「取り付けや使用方法に関して当社のブログなどで調べたところまったく問題無く、正しく使用していたにもかかわらず3年程度で破損するのは製品不良だ」と言われました。(詳細は割愛しています)

以前も書いていますが、当社では開発に使った製品を当時から今でもずっと使用(車両に装着して走行試験をしています)していますが、指摘されるような症状は出ていませんので状況を確認する為に装着状態の写真を送ってもらいました。
ファイル 497-1.jpgファイル 497-2.jpg

左側の画像を見ると車両後ろ側のボルトがフロアから抜けそうになっているのが分かります。
右側の画像はシートベルトキャッチャーを取り外したところです。

最近のモデルを購入された方やカスタム業界にいらっしゃる方ならすぐにお気づきかもしれませんが、本来必要なはずの当て板(が50φ程度の大きな丸いワッシャ-か四角板)が装着されていません。
右画像を見ると恐らくシートベルトキャッチャーの下に引いてあったであろう大型ワッシャーが見えますが、これが本来は当て板として使用するモノのはずです。

これを見る限りではサブフレームを固定する後部ボルトの当て板がなかったために容易な力でフロアパネルが変形し、サスペンションが動く度に何度も何度も折り曲げるような力がプレス成型部分に加わり、金属疲労で折れたものだと推測されます。

この場合は取り付けに問題があるのですが、部品の使用間違い(取り付け間違い)が起こった原因の一つに 取り付けの説明が上手く出来ていない ことがあったと思います。

以前の取り付け説明書ではどこにどの部品が付くのかが分かり難く、部品がバラバラになった時に正しく組み付ける為にはそれなりのスキルを必要としていました。
この点に関してはお詫び申し上げます。

上記の対策、改善としては、すでに実施済みですが、現在販売しているものには部品の組み付け図(3DのCAD画面上でサブフレームを組み立てている図のコピー)を添付し、組み付けミスが無くなるようにしています。
L175~ のモデルに関しては当て板ではなくわかりやすい形状の補強部材をご用意しております。

以前にも必要な部品を取り付けせず使用しフロアにクラックが入った例があったのですが、付属の部品はすべてを正しい位置に取り付けしないと本来の性能が出ないばかりか、製品や車体の破損してしまいます。
付属の図面通り【全部】の部品を正しく装着して使用していただくようにお願い致します。

同時に別の部分にも問題を見つけましたので、注意喚起と報告を兼ねてご紹介します。
ファイル 497-3.jpgファイル 497-4.jpg

上の画像はピロボールとサブフレームの接続部分ですが、黒い方が変形しています。
恐らくトー調整用のシムプレートを紛失されたままボルトで無理やり締めこんで固定したものではないでしょうか?
この状態で使用を続けるとプレス成型部分からクラックが入る可能性もありますのでお勧め出来ません。
何度も繰り返しになりますが、付属の図面通り【全部】の部品を正しく装着して使用していただくようにお願い致します。

【問い合わせ内容】サブフレーム(ボディーフロア)のクラック(ひび割れ)について

【問い合わせ内容】
お客様より
「独立アクスルキットのサブフレームにヒビが入ってボディーの後ろ側のボルト部分にもヒビが入っているんですが大丈夫ですか?」
と問い合わせがありました。
過去にも同じような事例が有りましたので、許容範囲を超える状態での走行になっていないか、お車の仕様などを細かく聞き取りました。

大きなオーディオが載っている以外は特に原因になりそうな部分は無いようでした。
当社で取り付けをした車両ではサブフレーム(ボディを含む)にクラックが入るような事例は有りませんが、重たいオーディオを取り付けた車両に取り付けたことは無いことから、原因は重量が重くなったことで想定を上回る入力があったことの可能性がありました。

以上の事例から、サブフレームの形状変更、補強部品の製作をすることで対策しました。
ファイル 485-1.jpgファイル 485-2.jpg

画像は左がサブフレーム単体  右がL375Sタントに装着した補強部品を車内から見た状態

2015年8月中旬よりサブフレーム形状が変更(L175系)されています。
2015年9月25日以降のご注文分から補強部品が付属(L175系)します。
スズキ用、L150系用、L700系用ではサブフレームのクラックや折れるといった事例は取り付けミスの1件のみですので変更ありません。

補強部品を取り付けた車両による走行テストで、非常に良い結果が出ましたので単体での販売を開始します。
価格は2800円(送料、消費税込み)です。
初回製造分の入荷は10月20日(予定)ですが事前に予約も受け付けます。
お問い合わせはこちらからお願いします。

2015年9月29日追記
補強金具を装着するとボディーにクラック(ヒビ)が入るのも防げます。
クラック対策に高い効果があります。
厚さ4.5㎜の鋼板製、取り付けはボルト止めで簡単です。
(L375のみ一部をグラインダー等でカットの必要が有ります)

正規ルートで購入していただいたユーザー様には無償でお送りします。
発送は10月20日以降 申し込み順になります。
お問い合わせはこちらからお願いします。

対象はL175系の旧型製品をお持ちのユーザー様です。

新型(2015年9月25日以降~)は対策済みですので心配有りません。

他の車種(L150系、L700系、スズキ用)ではサブフレームやボディーにクラックが入ると言った事例はありません(取り付けミスの1件のみ)のでご安心下さい。

ご注意下さい。
補強部品を装着しても、バンプ止め状態での走行は絶対にしないで下さい。
サスペンションがストロークしない状態で走行すると非常に危険です。
ブレーキが利かない、とっさにハンドルをきっても曲がらない、ボディーが歪む、割れる、アクスルが折れる、曲がるなどの症状が起こります。
例え純正アクスルでも折れたり曲がったりする可能性が多々あります。
バンプ止め(ノーサス)は道交法違反です。 公道で走行する車のバンプ止めは絶対に止めてください。

【問い合わせ内容】ピロボールのガタについて

【問い合わせ内容】
お客さまより
ピロボールにガタがありホイールを手で揺するとガタガタ動くとの報告がありました。

送っていただいたピロボールをチェックしたところ、上下方向に2㎜以上の振れが有りました。
すぐに部品メーカーに送りチェックさせたのですが、「正常です」との返答でした。
メーカーの説明では、「すべり方向で軽く動くようにしているので、規定トルク以下で回転すれば正常と判断しています。 ピロボールとケースの隙間は抜けたりしない範囲であれば正常品としています。」とのことでした。
ピロボールは正常品でしたが、お客様には迷惑を掛けられないので、在庫の中からガタの少ないものをピックアップしてガタが酷いものと交換することで対応しました。

詳しい内容は割愛しますが、これでは今後使えないとの事をメーカーに伝え、ガタ無しの製品を納品してもらえなければ取引をやめる旨を話しました。
色々と話し合いをし検討した結果、アヒル商会だけの特注品を製作、納品してもらうことが可能になりました。
2015年8月20日以降に出荷された製品にはガタの無い特注品が使用されていますので、安心してご注文下さい。

ガタの無い特注ピロボールだけの販売もしております。
ご希望の方はこちらからお問い合わせ下さい。

【問い合わせ内容】可変部のヒビ割れについて

【問い合わせ内容】
お客さまより
最近60km/h位で走っているとタイヤのブレを感じてました。
それで、点検したところ可変部(スピンドル側金具)にヒビが入っているので修理できませんか?
という問い合わせがありました。

破損状況の確認のため、問題が起きた可変部をお預かりして調査しました。
原因として次の2点が考えられました。
1点目はハブ取り付けボルトが長すぎて、ボルトを締めたときに溶接部分を剥がす力が働いた可能性
2点目は溶接部分の溶け込み不良の可能性

当社のアクスルに交換する場合、ABS装着車はハブを固定するボルトを短くする(先端を5㎜ほど削る必要がある)必要があります。
ボルトの長さを計測、ボルトの穴奥の点検をしたところボルトの長さには問題がありませんでした。
ファイル 301-1.jpg

次に溶接部分の点検をしたところ、熔接端部(熔接が始まるところ)に溶け込み不良が見られました。
ファイル 301-2.jpg

以上の事から、今回の件はこの熔接不良部分が原因で問題が発生したものと思われました。
破損が起きた原因についてお客様にご説明した上で、問題の箇所を新しい金具に交換し修理対応をさせて頂きました。
また、この件以降に同じような問題が起きない為、次の対策をしました。
熔接工程の作業管理の徹底(溶接部分の点検、熔接電流管理、ガス流量の管理徹底)
熔接箇所の追加
ファイル 301-3.jpg ファイル 301-4.jpg
改善前                                改善後

当社のアクスルは万が一可変部分の熔接箇所が剥がれても、即座に折れる事が無いような作りになっていますが、過去にご購入(平成25年6月以前)されたお客様で点検をご希望の方は可変部をお送り下さい。
熔接割れなどが発生していないかの点検及び、ご希望の方には追加熔接をさせて頂きます。

※平成25年6月以降にご購入いただいた物には上記の対策がなされています。

【問い合わせ内容】可変部のカム部品だけ注文できますか?

【問い合わせ内容】
「カム部品だけ注文出来ますか?」と問い合わせがありました。
なぜ必要なのかを聞いたところ「車高変更をしようとカムを取り外したところカムボルトが曲がっていました」との事でした。

ファイル 290-1.jpg
検証したところ写真の様にカムボルトが曲がっています。

原因はカムボルトを差し込む穴の間違いや締め付け不足です。

取り付けはカムボルトを差し込む穴位置の確認と確実な締め付けをお願いします。

万一紛失や破損等で部品が必要な時はお問い合わせください。
カムやトー角調整シムなどの部品は補修部品としてご用意しています。

ページ移動