記事一覧

独立アクスル取り付け説明 (スズキ) ①

【SUZUKI】

1、キット内容を確認し不足している部品が無いか確かめて下さい。   
  

ファイル 210-1.jpg
ファイル 210-2.jpg
                             ※写真右はMH23s系サブフレーム

リヤシートをはずし、中央のシートベルト取り付けボルト(後部座席固定ボルト)を確認します。
ボルトを一旦取り外し、付属の車内側用金具(プレート)をシートベルト(後部座席固定ボルト)と共締めします。

この時プレートがアンダーコートに重なる場合は重なる部分のアンダーコートを剥がします。

後部座席固定ボルトを使用する車種はプレートだけ(シートはまだ付けません。)を後部座席固定用のボルトで固定します。

金具を固定後、金具に開いている穴をガイドにして12mmのドリルでサブフレーム用のボルト穴をボディーに貫通させます。 この時、出来るだけ垂直に、特に横方向にずれないように注意して穴を開けて下さい。

ファイル 210-3.jpg
ファイル 210-4.jpg

※写真のプレートはMH21s,MH22s系

2、車内より付属のボルトを差込みサブフレームの前側を仮固定します。(MH23系の車両はリアマフラーを取り外してから作業します。)この時、ボルトが締めにくい、もしくは締まらない場合はボルト穴が垂直に開けられていない可能性があります。 その場合はもう一度ドリルを車内から通してボディーフロアの穴を少し拡大すると上手くいきます。 

(サブフレームの取り付け位置は補強プレートの穴位置で決まりますので、ボディーフロアの穴は少々大きくなっても問題はありません。)

ブレーキパイプはサブフレームに干渉しないよう、パイプ折れに注意しながら逃がしてください。
  
ファイル 210-5.jpg

サブフレームがガソリンタンクに干渉する部分や干渉しそうな部分はタンク側をプラスチックハンマーやゴムハンマーで軽くたたいて逃がしてください。
  
ファイル 210-6.jpg


前側を仮固定したらサブフレームの後側の位置が車両の中心になるようにします。
次に、サブフレームに開いている穴をガイドにして12mmのドリルで2箇所ボディーに穴を開けます。 
※MH23s系は8mmのドリルで4箇所

穴が開いたら、付属の金具、ボルトナットでサブフレームを車両に固定します。 
先に仮固定した前側のボルトもこの時点で本締めしてください。
後部座席の固定ボルトを利用する車両は、この後に後部座席を元通り車両に取り付けします。

ファイル 210-7.jpg
ファイル 210-8.jpg

※写真左はMH21s,22s系 ・写真右はMH23s系


独立アクスル取り付け説明 (スズキ)②