記事一覧

独立アクスル取り付け説明 (スズキ) ②

3、サブフレームにピロボール(両端にカラー付)を取り付けます。 ボルトは下側から差込み上側をナットで軽く固定します。(MH23系の車両はリアマフラーも取り付けします。)
  

ファイル 211-1.jpg
ファイル 211-2.jpg

MH23s系 マフラーを取り付けます


4、アームとボディーの接続ボルト、アーム(アクスル)とショックの接続ボルトを通し手で軽く回るところまで締めつけます。

ファイル 211-3.jpg

5、アクスルにピロボールの首の部分を差込みナットで軽く締めます。

ファイル 211-4.jpg

6、スピンドル部分(ハブ取り付け部分)にブレーキをバックプレートごと取り付けします。
次に、ブレーキを取り付けたスピンドル部分(ハブ取り付け部分)をアクスル本体側に取り付けし、ブレーキドラムを取り付け、タイヤ&ホイールを仮固定します。

ファイル 211-5.jpg

車高調整、キャンバー角調整、トー角調整をします。
(ボールロッドエンド本体がピロボールの中央ねじれていない状態になるように微調整してください)


ABSセンサー付車について MH21.22s系

ファイル 211-8.jpg
写真部分のABSセンサーカバー部分を削り加工してください。
構造上、配線が出てくるくらい大きく削る必要があります。
もし配線の皮膜まで剥けた場合は液状シリコンなどで覆って下さい。
ABSセンサーの向きは画像を参考にして下さい。
固定する向きを間違えるとABSの警告ランプが点灯します。

MH23系こちらを参照ください。



7、各部の調整が終わったら、アーム(アクスル)とショックを接続するボルトを抜き取り、スプリングを装着した後、抜き取った接続ボルトを元に戻します。
全てのボルト、ナットを規定トルクで締め付けて取り付け作業は完了です。
    

ファイル 211-6.jpg
ファイル 211-7.jpg

※写真左はMH21s,MH22s系 ・写真右はMH23s系


独立アクスル取り付け説明 (スズキ)①