記事一覧

トー角の合わせ方

前回の記事投稿から随分と時間が経ってしまいました。 どうもアヒルの作り物屋です。
最近はマフラーの熔接やら、アゲ↑アゲ↑エブリーの製作やらで忙しくしてました。 内緒ですが、今はL700系のスプリング市販化に向けた作業などをしております。
相変わらず、「独立アクスルはセッティングが難しい」などと言う風評被害に合っていますが、使いこなしているユーザー様からは、「コツさえ掴めば楽勝ですヨ」と言われてドッチが意見として正確なのかナ? と思ってます。
普通に調整するならリジットより自由度が高い分、楽に思ったとおりに出来るんですけどね。 自分でも取り付けしたり使ったりしてて難しいと思ったことないですし…
そもそもリジットアクスルでは到底不可能な領域を極めようとすれば難しくなるのはアタリマエです。
フェンダーとのクリアランスを名刺が入るか入らないかレベルで調整している変態さんの意見を真に受けて、購入をためらっているまともな(?)ユーザー様に向けて…と言うか、前回予告してたはずのトー角の合わせ方について長々と書いてみたいと思います。(笑
前回同様、文字だらけの長編作品なので、お暇な方のみお付き合い下さい。
ココを見ている皆さんならご存知のように、当社の独立アクスルはリヤのトー角が調整できます。
このトー角とやら、調整が上手くいけば驚くほどタイヤのライフが伸びます。 が、普通の人は「アライメントテスターが無いと調整なんて出来ない」と思っているようです。
でも、コツさえ掴めば結構簡単に調整できます。 やり方は簡単。 目で見る! いわゆる目視です。
何をバカなこと言ってるんだ? と思う人もいるでしょうが、実は目視はかなり正確なんですよ。 オリンピックではライフル射撃って言う競技がありますが、何十メートルも先の十円玉程度の目標も目視で狙って打ち抜いてます。
目視が正確じゃなければそんなことは不可能ですよね ゴルゴ13だって目視で正確に狙撃してますしね(笑
実は目視で位置を合わせるというのは、光が真っ直ぐに進むという特性を生かしたワザなのですが、レーザーアライメントテスターもそんな光の特性を利用しているんです。
ただし、機械では映像を細かく理解できないので、機械の目(センサー)に対してレーザー光を照射することで、擬似的に人間が目視で的を狙う状態を作り出してます。
目視でも正確に合わせることが出来るということが理解いただけたでしょうか?
それでは、実際にやってみましょう。
まずは、ホイールを前後とも同じサイズ、オフセットにし、キャンバー角も前後で同じにします。
次にハンドルを真っ直ぐの状態にします。
その状態で車体の下を前から覗き込みます。
片目をつぶって、前タイヤの内側 前のツラと後ろのツラがピッタリ重なるようにして後をみます。
ファイル 376-1.jpg
この時後のタイヤのトレッドが見えるようであればフロントトーはインを向いていることになります。
逆に見えない時はトーはアウトになります。
ココではギリギリ後タイヤのトレッドが見える程度に合わせましょう。
ファイル 376-2.jpg

次にクルマの後から車体の下を覗き込みます。
片目をつぶって、後タイヤの内側 後のツラと前のツラがピッタリ重なるようにして前をみます。
この時前のタイヤのトレッドが見えるようであればリアトーはアウトを向いていることになります。
ファイル 376-3.jpg
逆に見えない時はトーはインになります。
ココは画像のように、前のタイヤがギリギリ見えないようにトーを合わせます。
ファイル 376-4.jpg


次に前に戻って下を前からもう一度覗き込みます。
片目をつぶって、前タイヤの内側 前のツラと後ろのツラがピッタリ重なるようにして後をみます。
後タイヤのトレッドがギリギリ、ほんのわずかに見えている状態なら調整終了です。
見えてない場合はもう一度調整し、リアトーの調整をします。

これで、リアトーは0かほんのわずかにアウト、フロントトーはほぼ0で出来上がりです。
ちなみに、リアトーは0が理想で、ネガティブキャンバーをつける場合インじゃなくて、ほんの少しアウトが良いです。
フロントトーは乗ってみて問題がないならそのまま、直進の安定性が欲しいならタイロッドで左右1/4回転トーイン方向が良いでしょう。
もっと詳しく書くと恐ろしく長い文章になりますのでこのへんでおしまいです。
「ナンだかよくワカラナイ」って人はやさしい営業担当者にお電話下さい。
きっとやさしくお教えできると思います。(笑