記事一覧

独立アクスル取り付け説明 (ダイハツ)

① キット内容を確認し不足している部品が無いか確かめて下さい。 
ファイル 48-1.jpg
(ダイハツ L275s系 の取付に関しての注意はこちら

② リヤシートをはずし、中央のシートベルト取り付けボルト(後部座席固定ボルト)を確認します。
ボルトを一旦取り外し、付属の車内側用金具をシートベルトと共締めします。
後部座席固定ボルトを使用する車種はプレートだけ(シートはまだ付けません。)を後部座席固定用のボルトで固定します。
(車両進行方向に対して直角になるように取り付け)
金具を固定後、両端に開いている穴をガイドにして12mmのドリルでサブフレーム用のボルト穴をボディーに貫通させます。 この時、出来るだけ垂直に、特に横方向にずれないように注意して穴を開けて下さい。

ファイル 48-2.jpg

③ 車内より付属のボルトを差込みサブフレームの前側を仮固定します。
この時、ボルトが締めにくい、もしくは締まらない場合はボルト穴が垂直に開けられていない可能性があります。 その場合はもう一度ドリルを車内から通してボディーフロアの穴を少し拡大すると上手くいきます。 
(サブフレームの取り付け位置は補強プレートの穴位置で決まりますので、ボディーフロアの穴は少々大きくなっても問題はありません。)
ファイル 48-3.jpg

前側を仮固定したらサブフレームの後側の位置が車両の中心になるようにします。
(位置決め方法は付属の説明書に記載してあります。)
次に、サブフレームに開いている穴をガイドにして12mmのドリルでボディーに穴を開けます。

穴が開いたら、付属のボルト、ナットでサブフレームを車両に固定します。 
先に仮固定した前側のボルトもこの時点で本締めしてください。
後部座席の固定ボルトを利用する車両は、この時点で後部座席を元通り車両に取り付けします。

④ アクスルとボディーの接続ボルト、アクスルとショックの接続ボルトを通し手で軽く回るところまで締めつけます。

ファイル 48-4.jpg
アクスルとサブフレームの接続ボルトをピロボール(カラー)に通します。
穴位置がずれているようでしたら、ピロを回転させて、長さを合わせます。
ピロボールに差し込むカラーは前後で長さが違います。(短い方が前側)
この時点ではピロのロックナットはまだ締めません。

ファイル 48-5.jpg


⑤ スピンドル部分(ハブ取り付け部分)にブレーキをバックプレートごと取り付けします。
次に、ブレーキを取り付けたスピンドル部分(ハブ取り付け部分)をアクスル本体側に取り付けし、ブレーキドラムを取り付け、タイヤ&ホイールを仮固定します。
ファイル 48-6.jpg

⑥ 車高調整キャンバー角調整トー角調整をした後、ボールロッドエンド本体がピロボールの中央(ねじれていない状態)になるように微調整し、ロックナットを締め付けて下さい。

ファイル 48-7.jpg
ファイル 48-8.jpg




⑦ 各部の調整が終わったら、アクスルとショックを接続するボルトを抜き取り、スプリングを装着した後、ショックとアクスルの接続ボルトを元に戻します。
アクスルとボディー、アクスルとショックの接続ボルトを規定トルクで締め付けて取り付け作業は完了です。