記事一覧

レーザー加工部品が入荷してきました。

工場より部品が納品されてきました。

ファイル 89-1.jpg

アクスル加工に使う部品はレーザーによる金属の切断加工、

より完成品の精度を出すためマシーンによる正確な曲げ加工をされた物を使っています。 
ファイル 89-2.jpg
こちらは独立アクスルキットのサブフレームに使う部品です。

正確な位置に開けられた穴と曲げの角度、すべてレーザーマシーンによる加工により

組み立てキットとしてスムーズな取り付けが出来るようになりました。

ファイル 89-3.jpg
ここの部品も重要ですね、車高・キャンバーの可変部です。
塗装の皮膜の厚みも考え部品を設計製作しています。


アクスル本体側と可変部側どちらも正確な物でないと重なる部品同士の隙間が開き、
ガタが出たりトー角がズレてきたり最悪の場合強度も保てませんよね。
この様な個々の部品を正確に加工する事により全体の精度と強度を出すことが出来るのです。


アヒル商会の製品は公的検査機関での厳しい強度検査をクリアする事により、安心して使用できます。

可変式はもちろん独立アクスルキットにても軽自動車検査協会の認可を受け車検対応※となりました。

車検申請申し込みをしていただければ面倒な申請手続きは当社でおこないます、

アクスル装着後、最寄の軽自動車検査協会にて通常通り車検を受けていただけば車検が取得できます。

取得後は車検証に(改造認可)改造車である型式表記 『○○改』がはいります。

実際、車検証の『○○改』の表記はカスタマーにとって何とも言えない喜びさえ感じます 


↑ …ちょっと大げさだったかも 笑 


車検申請について

発売開始待ちの対応車種のお客様、お待たせしています。
順次作業は進んでいます、もうしばらくお待ちください m(_ _)m